税理士(公認会計士)が、企業(会社・法人)の合併、買収、候補先の調査選定、契約締結を支援するJMAのM&A支援サービス

M&A支援サービス

M&A(合併と買収)には、
候補先の調査選定から契約締結まで、様々なノウハウが不可欠です!
経験豊富なJMA(ジェイ・エム・エー)をお役立てください。

M&Aの主な目的

M&Aには、一瞬にして必要な経営資源が手に入る「時間的効果」が存在しますが、その具現化は以下の通りです。

目的効果事例
規模の拡大シェア向上による影響力の強化・競争回避
  • ダイムラー・ベンツとクライスラーの合併
  • 東京三菱とUFJ銀行の合併
事業の多角化 個別事業のリスク回避
企業の安定化
  • ドンキホーテによるオリジン東秀へのTOP(不成立)
  • ルイヴィトンによる各種ブランドの買収
垂直統合 企業関係の強化
バリューチェーンの強化
  • 松下電器による松下電工の完全子会社化
  • ギネスグループによるパブ・チェーンの買収
事業再編・再生 好条件での買収
優位的立場での事業再建の実行
  • ルノーにより日産自動車の買収
  • リップルウッドによる長銀の買収
後継者不在・事業承継 事業の継続
株式の換金化
  • 大塚製薬のオーナー株の売却
  • 日本マクドナルド創業家から米国マクドナルドへ譲渡

M&A支援サービスの
ご相談・ご依頼はこちら

M&Aにより事業再編成

PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネージメント)による事業の分解と再編成。

PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネージメント)による事業の分解と再編成。

M&A支援サービス

M&Aのフローチャート

M&Aフローチャート

M&A支援サービスの
ご相談・ご依頼はこちら

M&A専門サイト

ご相談・お問合わせ
Copyright 2012 © 日本マネジメント税理士法人 All rights reserved.